中古バイクを買う際に注意すべきポイント。

###Site Name###

バイクを購入する際に、新車で購入する予算がない場合や、すでに販売が終了しているモデルが欲しい場合等は中古車をさがすことになりますが、この時にいくつか注意すべき点があります。

まずは、可能ならば必ず自分の目でマシンを見るということです。

中古車はどれも一点物ですので、同じマシンには二度と出会うことはありません。

ですので、第一印象は非常に大事で、最初に見て気に入ったマシンは結構「当たり」の場合があります。次にはマシン全体をチェックします。

グリップエンド、ステップ、ミラー、カウルに傷がないかを確認して、傷がある場合には転倒歴があるので、前や後ろから全体像を確認して、マシンにゆがみが出ていないかをチェックします。

次にエンジンの底やヘッド周り、フロントフォークを確認してオイル漏れがないかを確認します。

オイル漏れがある場合には、納車整備の際にガスケット交換等を行ってもらえるかを確認するといいでしょう。


タイヤのチェックも重要で、溝がしっかりと残っていても装着されてから長時間経過しているとゴムが硬化している場合があります。
可能ならばエンジンをかけてもらい、異音がしないか、ライト類は正常に点灯するかをチェックし、ハンドルを握り、曲がっていないか、スムーズに動くか、サスはしっかり機能するかを確認します。

便利な日本経済新聞について説明致します。

何か気になる場所があったら、スタッフに質問したり、きちんと交換してもらえるのかを確認しましょう。

中古のバイクに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

中古バイクを探す時に重要なのは、信頼出来るお店で買うということです。



購入した後もお世話になる場合があるでしょうから、親身に相談にのってくれるか、安心して整備を任せられるかを判断する必要があります。しっかりとしたお店とマシンを選んで楽しいバイクライフを満喫しましょう。